国の看護師資格試験は、毎年1回為されています。
看護師の足りないという問題が起きている今の日本に好都合なことに、今のところ看護師試験受験者の合格率は、9割という高い水準を、続けています。看護師国家試験は、入試のように定員数が決まっている試験ではなく、予め決められたラインを超えれば合格となる試験です。ナースの職場といえば病院という位置づけがだれもが思うことでしょう。しかし、ナースの資格を有効にさせる職場は、病院の外にも色々とあります。
保健所で保健師とのチームプレーで地域住民の健康上のいろいろなケアをするのもナースの仕事です。
また、福祉施設にはドクターがいつも居るところは少なく、大部分の医療行為をナースが行います。
高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が増してきているのです。
さらに、大きな会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを行っております。こういった場合には、社員としてその会社や企業に入社することもあるようです。看護師に対する求人は多くありますが、求める条件に合う求人が見つかるとは限りません。看護師資格を持っている方で就職さえできればどんな条件でも良いと思っている方は少ないでしょう。なるべくならば給料が高くて職場環境も良く、夜勤がなくラクな職場で働きたいと感じている方が多いものです。お望みしているところに転職するには、情報収集を行うことが大切になってきます。
看護士の志望理由を考える時は、実際何が原因で看護師になることを考えるようになったのかを折り込むと良い印象を与えます。転職の際の志望理由は、これまでに得た技術を有効活用したい、今よりさらに誰かの役に立つ技術を獲得したいなど、プラスのイメージを与えるものにしてください。前の職場の非難や悪口は話さないように心がけましょう。
看護士の志望動機を述べるときは、実際に何が関係して看護師になりたと考えたのかを交えることで印象が良くなります。転職においての志望動機は、今までの経験や培ったスキルを活かしたい、多くの人の役にたてるように更に技術を身につけたいなど、明るく好印象を与えるものにしてください。以前の職場で不満に思ったことや悪口はいわないように心掛けることが重要といえます。全国で働く看護師がもらえる給料は平均すると437万円ほどです。
ですが、国立、市立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員という立場での勤務のため、年収の平均は593万円ほどです。公務員として働く看護師は給料の上がる率も民間病院と比べると高く、福利厚生にも恵まれています。準看護師では、看護師と比べると平均年収が70万円ぐらい低いです。看護師の方が勤務するところといえばまずは病院が頭に浮かぶのがほとんどでしょう。
しかし、看護師という資格を活かすことのできる場は、病院のみならず、他にも沢山あります。
保健師と連携して保健所に勤務し、周りで生活する人々の健康に関するケアを行うのも看護師の方々の役目のうちのひとつです。医師が福祉施設において常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師が行うのです。

いろいろな事3