探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、結婚生活を続けていいのかどうか決めかねますよね。
それを避けるために、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間あったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功となってしまうのです。浮気しているのかは分からないまま、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、浮気とは分からないまま、専門的な調査は完了となり、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。
探偵による浮気調査の結果、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。
不信感を抱いてしまった相手と人生を一緒に歩むのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。
さらに、原因である不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることは間違いないでしょう。興信所と探偵事務所の違いとしては、別段変わりは無いと言っても言い過ぎではありません。
共に、浮気調査から身辺調査、似たような仕事をしています。
でも、あえて言うと、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。
結婚した人の不倫を調査を探偵に頼む時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を前もって協議します。時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査にかかる時間が長いほど請求される調査費用も多額になります。
興信所などによって、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。
時間によって尾行料金が決まる場合、尾行をする時間が短い方が、費用が少なくなります。よって、探偵に尾行依頼をするなら、相手の日々の行動をよく知っておくことが大切です。
そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵にも余計な労力がかからず、双方にとって利益があります。
車の目立たない場所にGPS端末を取付して、行動を常時監視し続け、今いる場所をモニターしたり、時間のある時に、データを取り出して調べたりします。
あまり、車を運転しない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。
それによって、相手が行った場所やどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。
法律の上で、結婚した人が自分から夫婦ではない異性と性的関係になることを浮気といいます。
すなわち、法律上では、男女関係に発展していなかったら食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

いろいろな事3