欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが良いと言えます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくというのもありえます。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、そのマイナス面も知らなければなりません。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

いろいろな事3